本当の敵は、諦めだ。

タングスの雑記です。

安田記念でした

 2021年春のマイル王者決定戦である安田記念が終わりました。

 自分は候補馬が8頭くらいまでしか絞れず(しかもその中に勝ち馬のダノンキングリーは入ってなかった)、馬券は買わずに観戦した(結果として損せずに済みましたw)んですが、ゴール前の死闘が凄かった。

 今回勝った川田騎手鞍上のダノンキングリー、ルメール騎手鞍上の女王グランアレグリア皐月賞ジョッキーとなった横山武史騎手鞍上のNHKマイル王者シュネルマイスター、三度目のダービー制覇を成し遂げた福永祐一騎手鞍上のインディチャンプ、この辺りまでがドドドーっとなだれ込んでくる恐ろしくレベルの高い戦いだったように思います。

 他のメンツも今回豪華で、2歳GⅠ王者経験のあるサリオスくんもいたし、無敗で参観牝馬となったデアリングタクトを金鯱賞で退けたギベオンくんも走っていたので、自分にはまったく読めなかったんですよ・・・。

 しかし、見ているだけでも彼らの一生のドラマを感じ、またジョッキーのドラマも感じて楽しめるのが競馬の面白さですよね。

 今回出走した子たちの子供たちがいずれしのぎを削りあう日が来るんだろうなあ。

 

 ではまた。