本当の敵は、諦めだ。

タングスの雑記です。

今週のお題「好きな街」――北海道、小樽市

 ある時期、一年に一度、一年の疲れを癒すかの如く、小樽に一人旅をするのが習慣になっていた時期があった。

 小樽市は北海道の西部、後志支庁管内に位置し、東隣に札幌市がある。今でこそ人口は札幌などに抜かれてしまったが、開拓からの歴史をたどると、小樽市は札幌が人口道内一位になる以前に人口一位であった町であり、早くから発展した街並みはいまだに浪漫がある歴史ある建造物のあるものである。

 小樽市出身者からは「小樽に行って何を見るんですか?」などと聞かれることもあるのだが、この街並みを見るだけでも一見の価値がある。

 私にとって、小樽は、漫画『最終兵器彼女』の聖地でもある。漫画に登場した「地獄坂」は実在し、上った先には現実には道立小樽商業高校と、国立小樽商科大学がそびえる。私はこの小樽商科大学まで歩いて行って、振り返った時の街と海の風景がたまらなく好きである。

 なお、この地獄坂、10%以上の傾斜があるので、歩くのは辛そうという方は、小樽駅からバスに乗られるとよい。実際に、小樽商科大学の学生さんもこのバスを多く利用されているとのことである。

 そして、小樽は食べるものも色々あるのである。有名どころでは寿司なのだが、当時学生の私は主にラーメンや海鮮丼などを頂いた。なお、他にも焼肉、ザンギ、あんかけ焼きそばなども有名である。是非試して頂きたい。

 小樽築港の駅で降り、商店施設を見たうえで、メルヘン交差点に向かい、メルヘン交差点から運河へ至る間に腹ごしらえをしたのちに、運河を見物し、小樽駅へ向かい、小樽駅から先の地獄坂を上り、小樽商科大学前からの景色を堪能する。

 時間がある時にしか許されない、時間の贅沢である。

 

 今はその時間が少なくなってしまい、こういった”贅沢”は出来なくなってしまった。しかし、時折小樽という街に、想いを馳せるのである。

雪解け→クラシック開幕

 春ですね・・・。

 

 全国的にはとっくに春で、桜の季節の過ぎた地域もあるのだろうと思いますが、まだまだ桜は1か月ほど先の北海道にも春が来ました。

 

 自転車やら乗れるようになって一気に行動範囲が広がる季節です。日も凄く長くなりました。気温差の関係で自律神経系の不調が起こり易い時期ですが、太陽の出ている時間が長いというのはなんとなく嬉しい。かといって白夜は勘弁ですがww。

 

 ちょっと色々と忙しいので滞りがち(通常営業)ですが、いろいろ学びながら、頑張っています。

 

 

 ところで、今週の日曜日は、中央競馬皐月賞(GⅠ 中山・2000m)ですね。楽しみです。

 

 それでは、また。

ゴルゴ13をAmazonプライムで。

  ゴルゴ13、自分はコンビニコミック(あの過去の作品を集めた厚めで、500円くらいで買える奴)を数冊持っている程度で、ファンだと胸を張って言えるほどではない、ミーハーなのだけれど、AmazonPrimeVideoで『ゴルゴ13』を最近見ていて、非常に面白い。

 

 『ゴルゴ13』の漫画家さいとうたかを先生が昨年、2021年に亡くなったが、お弟子さんやチームなどによって連載は続いているのだとか。凄いぞゴルゴ13

 

 

 アニメではゴルゴの声を舘ひろしさんがやっているのだけれど、渋くて良い。正直舘さんとは気がつかなかった。

 

 一見の価値あり、だと思う。

 

 では。また。

 

AmazonPrimeVideo ゴルゴ13 

暖かいラーメンをすする事で心の栄養を補充する

 色々とやらねばならない事が山積し、肉体的にも精神的にもきつくなった時、思うままに美味しいものを食べるのも大事だな、と改めて実感。

 

ラーメン山岡家 塩ラーメン 油多め 煮卵トッピング追加

ラーメン山岡家 塩ラーメン 油多め 煮卵トッピング追加

 時々、無性に食べたくなるんです。山岡家の塩ラーメン。朝ラーメンがお好きな方は是非。

 よく油多めにしているんですが、今日になって初めて気づいたことが。油層にはほぼ水分が含まれていない(厳密には分配現象というものが起こるので、含まれていないわけではない)ためか、海苔がシナシナにならない!これは個人的大発見でした。分かりづらいですが、海苔は油層に一部使った他は浮いており、下部の水層であるスープの部分には接していませんでした。こういったことを鑑みるに、恐らく、海苔の分子レベルの構造を見ると、親水性の官能基が外側に出ているのでしょう。結果的に、海苔の中に水分子が入り込みづらくなり、結果として海苔は表面は全体に油でテカテカしていても、ぱりぱりとした触感でとても美味しかったです。

 実は初体験だったのが、山岡家の煮卵なんですが、これも半熟でなのに味がしっかりしみていて美味しく、今回はクーポン利用で無料でトッピングさせて頂いたのですが、また食べたい味でした。

 

 心身の栄養を補充して、なんとか頑張っていこうと思います。

色々あった一週間

 私の住む北海道では先週はほぼ1週間続いての豪雪でした。それも北海道での普段の粉雪ではなく、湿った重たい雪JRをはじめ交通機関は大幅に麻痺し、大変な影響を受けています

 

 

 ここからは、競馬の話。

 土曜日、中央競馬では、武豊ジョッキーがルビーカサブランカの手綱をとり、土曜日の中京11Rの愛知杯(GⅢ)で勝利。これで武豊ジョッキーはデビュー以来36年連続の重賞制覇とのこと。凄まじい記録ですよね。

 

 

 

 日曜日は、京成杯(GⅢ)オニャンコポンが最後凄い脚で強さを示しました。凄かった。若手の菅原ジョッキーとのコンビでクラシック挑戦、非常に楽しみです。ちなみに、オニャンコポンはエイシンフラッシュの仔です。

 

 

 私は競馬は推しに課金をしながら、応援・観戦するスポーツだと思っています。いろんな馬が出てくるのが私には非常に嬉しく感じられます。

ある事柄に対して自身の理解度を知る為の方法として

 勉強したらなんとなく分かった気になった――ということは多いだろう。しかし突き詰めて考えてみると、その”理解”に欠落が多数存在していた、そんな経験が私には無数にある。

 

 ある事柄に対する自身の理解度を知ろうとしたときに、私が細部まで最も効率よく、これを実現できる方法が、それを他人に伝えてみる(教えてみる)ことを考えることである。

 

 実際にこれを他人に対して教える事は、他の人の時間を拘束することになるから、出来るだけ控えるのだが、もし付き合ってくれる方がいるなら実際に教えてみるというのも良い。そして、この方法で恐らく重要なのは、自分と恐らく同程度の学問的な土台のある人物――すなわち同級生など――を対象として、自分がそれを説明できるか、という事である。

 

 遥かに学問的な土台が上にいる人(例えば教授など)に対しての説明の場合、どちらかといえば、自身の理解度というよりも、その説明の論理性や正確性に留意する必要性がある。これは今回の「自身の理解度を確認する」という事よりもより高級な次元の話である。

 

 かといって、遥かに学問的な土台が自分よりもない人(例えば幼稚園児などを考えて欲しい)に、自分の説明をしようとしたときには、恐ろしく困難である事は想像に難くない。幼稚園児に対して、「カプトプリルは、アンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害し、アンジオテンシンⅠ⇒アンジオテンシンⅡの経路を遮断することによって、RAA系を阻害し、結果として降圧効果を得る」等と説明しても「は?」という感じだろう。

 

 つまり、ある程度自分と同じくらいの学問的土台のあると考えられる同級生などに説明できるだろうか、と考えてみるのが一つ有用な方法であろう、と私は考えている。

【名曲紹介・名アニメソング紹介】瞳を忘れないで/篠原恵美【ルパン三世 ワルサーP38】

 新年になったので、ブログをリフォームしてみました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 せっかくなので、唐突ですが、私の好きな名曲を一曲紹介させて頂きます。

 

 篠原恵美さんの歌唱で、テレビスペシャルアニメルパン三世 ワルサーP38の主題歌『瞳を忘れないで』です。

 

 

 

 アニメを見たことがある方は、かなり複雑な感情になるのではないかと思われる、しっとりした主題歌です。

 

 私はテレビの再放送で初めて『ワルサーP38』に出会ったんですが、あっという間にDVDを借りてきて、今ではamazonプライムでも見ています。

 非常に泣ける作品です。

 

 歌っている篠原恵美さんはこの『ルパン三世 ワルサーP38』のヒロインを務めた声優であり、他にも人気の『セーラームーンシリーズ』ではセーラージュピター/木野まこと役、近年で言えば『蒼穹のファフナーシリーズ』で遠見千鶴先生役などを演じていらっしゃいます。

 

 

 私はこの曲に胸を撃ち抜かれたほどの衝撃を受けたのですが、あなたはどうでしょうか?

 

 それでは、また。