本当の敵は、諦めだ。

タングスの雑記です。

リアルウマ娘、だなあ。

 2021.9.4、土曜日の札幌5Rで、サイゲームスの藤田社長の馬「ドーブネ」が武豊鞍上でデビューした。

 本馬、ドーブネ(2歳牡馬)は、ディープインパクト最終年度産駒であり、藤田社長がセリで約五億円で落とした馬である。

(2021.9.5訂正。最終年度は誤りでした。最終産駒は2020年生まれの子が6頭いるそうです。ディープが亡くなったのが2019年だったのですが、最後まで頑張って種付けてたんですね。)

 


 鞍上は武豊武幸四郎厩舎の管理馬で、兄弟での来年のクラシック挑戦が見えてきただろうか。外から一気の末脚。強い勝ち方だった。

 

 藤田氏にとってはまさに「リアルウマ娘」。鞍上はレジェンド武豊。凄く豪華だ。

 

 本日、日曜日は豊さんは小倉2歳ステークス(GⅢ)に参戦し、こちらも藤田社長の所有馬デュガに騎乗予定。こちらもどうなるか、目が離せないところだ。